<![CDATA[#ConnectedPrint - Works]]>Mon, 17 Sep 2018 01:57:11 +0900Weebly<![CDATA[#BACKSTAGE18 へのご来場ありがとうございました!]]>Wed, 29 Aug 2018 23:58:14 GMThttp://connectedprint.tokyo/works/backstage18昨日(8月29日)東京・虎ノ門ヒルズフォーラムで開催されたBACKSTAGE2018にコーヒースポンサーとして参加させていただきました。たくさんの方にご来場いただきありがとうございました。コーヒーも楽しんでいただけましたでしょうか?

また、会場で当社の「ウォレット化サービス」をご紹介させていただいた皆さま、貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました。ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせいただければと思います。なお、今回会場でご紹介させていただきましたのは以下のアイテムになります:
  • Walletized Coin(ウォレット化されたコイン)
  • Walletized Business Card(ウォレット化された名刺)
  • Walletized Badge(ウォレット化された缶バッジ)
  • Walletized Pass(ウォレット化された入場パス)

今後とも、何卒よろしくお願いいたします! #backstage18 #backstage2018
]]>
<![CDATA[『ウォレット化サービス』始めました!]]>Tue, 28 Aug 2018 21:48:36 GMThttp://connectedprint.tokyo/works/5853784ブライター・レイターは2018年8月27日、「ウォレット化サービス」(英語名:Walletize Service)を開始いたしました。

ウォレット化サービスとは、いろいろなグッズにICチップを組み込むなどしてウォレット(= 仮想通貨用の財布)にする、しかもコールドウォレット(= インターネットと完全に切り離されたウォレット)にするサービスです。

最近、仮想通貨やブロックチェーンの利用が広がっていますが、それらを安心・安全に活用するためにはコールドウォレットが必要不可欠です。また、イベントなどで仮想通貨やブロックチェーンを活用する際、そのイベントの世界観やストーリーにぴったり合うウォレットを作成・配布することで、来場者により良い体験を提供できます。

ウォレット化するアイテムは既存のモノでも問題ありませんし、イベントの世界観に合う全く新しいモノをデザイン・製作することもできます。また、ウォレットに入れる仮想通貨の種類も問いません(オリジナル仮想通貨でも大丈夫です)。詳細はお問い合わせください。

サービス開始を記念して、8月29日に開催されるイベント BACKSTAGE2018(会場:虎ノ門ヒルズフォーラム)にてウォレット化したコインや名刺を配布いたします。このウォレットには、仮想通貨(イーサリアム)が本当に入っています。ご興味のある方は、担当者にお気軽にお声がけください。 #backstage18 #backstage2018
]]>
<![CDATA[ConnectedPrint的 "Digital Content Expo 2017" review]]>Sun, 29 Oct 2017 23:51:52 GMThttp://connectedprint.tokyo/works/connectedprint-digital-content-expo-review2017年10月27日〜29日の3日間、デジタルコンテンツEXPO2017​(会場:日本科学未来館)が開催されました。会場もそれほど広くなく、また台風のためか近所で東京モーターショーが開催されていたためか来場者数もそれほど多くなかったことから、出展者の方々にゆっくりお話をお伺いすることができました。

会場はVR・AR花盛りで、非日常的・非現実的な体験ができるとても面白い展示が多く見られました。しかし、この記事ではあえてVR・AR以外で(笑)「ConnectedPrintとしてぜひコラボしたい!」と思ったものベスト4をご紹介します:
1. ウェアラブルサイネージ衣装「Color Girl」
 
全面LEDの衣装で、フルカラー映像を表示できます。しかも電池で動かせるのでこれを着て自由に動き回れます。EXPO会場ではDNPの「電子ペーパーを使ったドレス」が話題になっていましたが、ConnectedPrintは断然 Color Girl 押しです。こちらの方がサイバー感やお祭り感がたっぷりですから。ConnectedCardでインタラクティブに Color Girl の表示内容を変えたり明るさを調節できたりすると面白そうです。
2. Clothcreen(クロスクリーン)

クッション・ぬいぐるみ・衣類などの柔らかい布製品の表面をディスプレイに変える表示技術です。最近、布にキレイに印刷できるフルカラーインクジェット式デジタル印刷機が続々と開発・発売されています。また、布や蛍光性インクも進化しています。こうした技術の進化と組み合わせると、とても面白いアイテムをいろいろと開発できそうです。
3. 車椅子楽器

床に敷かれた紙の色を読み取るセンサーが付いていて、読み取った信号を音に変換する「音を奏でる車椅子」です。読み取る色の配置の仕方を工夫することで、楽しさやスポーツ感を高めたりできそうです。また、音色を簡単に変えることができるようになれば、さらに楽しみが増えそうです。車椅子楽器を使ったライブも考えられそうです。ぜひ、ConnectedPrintで車椅子楽器の可能性を広げるお手伝いをしたいです。
4. 流動床インターフェイス

「砂」があっという間に水のような液体状に変化する驚きの展示です。容器の底から空気のような流体を吹き上げると砂が液体のようになる原理を使ったもので、イベントのアトラクションにぴったりです。ConnectedPrintにご興味を持っていただける「楽しいもの大好き!」な皆さまに喜んでいただけること請け合いです。
これらの取り組みはとてもイノベーティブで、皆さまのマーケティング・販促・広報などコミュニケーション施策にも大いに刺激を与えてくれると思われます。これらを絡めた企画をご提案した際には、ぜひ前向きにご検討ください (^ ^)
]]>
<![CDATA[ゼロノミクマ・ノ・ヒミツ・ノ・カード]]>Thu, 19 Oct 2017 15:00:00 GMThttp://connectedprint.tokyo/works/8478997パワーシフト・キャンペーンブース@中津川 The Solar Budokan 2017 では、ブースに来てくれた子供たちに「ボール投げゲーム」に挑戦してもらいました。その1等商品がゼロノミクマと同じ緑色の「ゼロノミクマ・ノ・ヒミツ・ノ・カード」でした。

このカードは、(NFCリーダーが付いた)スマホにワンタッチするだけでクマもキーボードで参加しているバンド ZERONOMIX の新曲「すべての電気を変えろ」と「システム」のフルバージョンムービーの視聴ができたり、MP3音源のダウンロードができたりする不思議なカードです。子供たちはもちろん、保護者のみなさんにも楽しんでいいただきました。今回、このカードをつくるのに少しだけですがお手伝いしました。

サンプルとしてカードを数枚いただいていますので、カードやZEROMONIX の曲にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください (^ ^)
]]>
<![CDATA[The Beatles "Penny Lane" が入った名刺]]>Sun, 08 Oct 2017 15:00:00 GMThttp://connectedprint.tokyo/works/the-beatles-penny-laneこちらの名刺には、ビートルズの名曲「Penny Lane(ペニー・レイン)」が入っています。これをスマートフォンに軽くタッチするだけで、YouTubeの「ペニー・レイン」の動画を再生できます。

この名刺で「ペニー・レイン」を楽しむに当たって、事前にYouYubeのアプリやブラウザアプリを立ち上げておく必要はありません。スマホにワンタッチするだけでこの名曲が再生されます。

もちろん、ビートルズのペニー・レイン以外の動画や音源でも同じことができます。この名刺が欲しい方、またこの名刺の秘密を知りたい方はお気軽にお問い合わせください (^ ^)
]]>
<![CDATA[クマTattooシール@中津川 The Solar Budokan 2017]]>Mon, 02 Oct 2017 01:00:21 GMThttp://connectedprint.tokyo/works/tattoo-the-solar-budokan-20172017年9月23日・24日の2日間、太陽光発電によるクリーンでピースなロックフェスティバル『中津川 The Solar Budokan 2017』が開催されました(会場:岐阜県中津川公園内特設ステージ)。このフェス期間中、会場内に設置された「パワーシフト・キャンペーン」ブースでタトゥーシールを希望者に貼っていただきました。

パワーシフト・キャンペーンは自然エネルギー電力会社への切り替えを促進するもので、このキャンペーンのアイドル的存在ゼロノミクマ(緑色のクマ)をあしらったデザインのタトゥーシールでお手伝いしました。クマの絵がついたタトゥーシールは特に小さなお子さんに大人気で、気がつくと「シール貼り待ち」のかわいい列ができていました。

フェスの間、クマはステージに出たり(そう、クマはミュージシャンなんです)会場をお散歩したり忙しくしていたので、なかなか会えなくて泣きそうになるお子さんもいらっしゃいました。でも、そんなお子さんにクマタトゥーシールを貼ってあげると、すっかりまぶしい笑顔になったのが印象的でした (^ ^)

イベント関係者(特に音楽関係イベント)の皆さま、小さなお子さんに大人気のゼロノミクマともども、ロゴTattooシールをよろしくお願いいたします(笑)!
]]>
<![CDATA[フルカラー3D印刷物@BACKSTAGE2017]]>Tue, 19 Sep 2017 15:00:00 GMThttp://connectedprint.tokyo/works/3dbackstage2017BACKSTAGE2017では、フルカラー3Dプリンターで印刷した野菜やセキセイインコ(!)も展示しました。これは株式会社ホタルコーポレーションさま(大阪市住之江区)のご協力のお陰で実現できました。これらは1000万色以上を表現できるミマキエンジニアリングの最新型3Dプリンター 3DUJ-553 で印刷されたもので、実際にご覧になった方からは「本物そっくり!」とのうれしいお声をたくさんいただきました。

実はこの3Dプリンター、発売が2017年11月だったりします。そう、まだ発売されていないのです!ブライター・レイターブースには、そんな最新鋭機(お値段は約2,000万円!)の印刷サンプルが展示してあったのです。今回のBACKSTAGEでは、このサンプルをきっかけに3Dプリンターの使い方についてもいろいろなご意見をいただくことができました。

その中には「VR(仮想現実)との連携」というなかなか刺激的なお話もありました。例えば、VRの中で身に付けていた指輪やブローチといったアクセサリーを3Dプリンターで形にして後日お送りするとか。そして、そのアクセサリーをきっかけにVRでの楽しかった「体験」を思い出していただいたり、他の人に「体験」を伝えていただいたり。

ブライター・レイターでは、顧客体験を向上させる3Dプリンターの活用方法もどんどんご提案していきます。お気軽にお声がけください (^ ^)
]]>
<![CDATA[ロゴ Tattooシール@BACKSTAGE2017 . . . (2)]]>Wed, 13 Sep 2017 04:57:49 GMThttp://connectedprint.tokyo/works/-tattoobackstage2017-2BACKSTAGE2017会場では、The Escape Hunt Experience さんのご協力で体験型謎解き脱出ゲームも行われました。今回、このゲームのヒントが書かれたWebサイトへ飛ぶためのQRコードを印刷したTattooシールも提供させていただきました!

このQRコードTattooシールは限られた人数のBACKSTAGEスタッフに隠れキャラ(笑)的に貼っていただいたのですが、ゲームご参加者が見つけ易いように大きなEscape Huntさんのステキなロゴも一緒にTattooシールにしました。この(ロゴ+QRコード)Tattooシール、自分で言うのもナンですがとてもカッコイイできで、私もこっそり腕に貼ってしまいました(笑)

会場では、たくさんの方にこのQRコードからヒントWebサイトにアクセスしていただきました。謎解き脱出ゲームにご参加してくださった皆さま、今回Tattooシールを採用してくださった The Escape Hunt Experience の皆さま、そしてTattooシールを貼ってくださったBACKSTAGEスタッフの皆さま、改めてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました (^ ^)
]]>
<![CDATA[ロゴ Tattooシール@BACKSTAGE2017 . . . (1)]]>Tue, 05 Sep 2017 03:38:21 GMThttp://connectedprint.tokyo/works/-tattoobackstage2017-12017年8月30日に虎ノ門ヒルズで開催されたイベント BACKSTAGE2017 の会場で、BACKSTAGEのロゴTattooシールを配布しました!会場では、たくさんの方に顔や首、腕などいろんなところに貼って楽しんでいただけました!中には、出展されていた POOL さんのスタッフにミラクルペイントでシールをステキに飾っていただいた方も。皆さま、本当にありがとうございました (^ ^)
]]>
<![CDATA[BACKSTAGE2017に出展します!]]>Wed, 23 Aug 2017 04:52:57 GMThttp://connectedprint.tokyo/works/backstage2017ブライター・レイターは、「体験価値を高める印刷物」をテーマに体験型マーケティングのカンファレンス『BACKSTAGE2017』(@東京・虎ノ門ヒルズ、2017年8月30日開催)に出展します。会場の「ベンチャーブース」コーナーに設置されるブースで、以下のような体験価値を高めるマーケティングツールを紹介します。お気軽にお立ち寄りください:
]]>